1. Home
  2. 医療安全活動指導員研修会

参加申し込み (参加証を発行します)


(個人参加)オンライン申し込み (個人参加)オフライン申し込み
(団体参加)オンライン申し込み (団体参加)オフライン申し込み

学会入会 学会誌創刊号

---------------------- 連絡先 -----------------------------
医療安全心理・行動学会
 一般社団法人医療安全推進機構内
〒113-0033 東京都文京区本郷4-7-12-102
(Email) mspsyb@mspo.org
(TEL) 03-6801-6922  (FAX) 03-6801-6987
(URL) https://mspo.org/msspb/
----------------------------------------------------------

※ 知的財産権は医療安全心理・行動学会が保有する。
※ 本資格は更新制ではありません。資格有効期間は無期限です。

【対象者】臨床各部門における医療安全関係の実務担当者 (医療安全管理者を含む)

趣旨

 医療安全問題は医療技術の安全問題と医療者の安全問題に大別できます。前者には主として安全工学の対応が必要です。他方、後者には安全心理学・安全行動学の対応が必要です。本研修会では医療現場に必須となる安全心理学と安全行動学における基本知識と基本技術を様々な関連分野から多数の専門家によって提供します。

【基本知識講義コース】 23年3月1日からオンデマンド受講
 平時から事故時にわたる基本科目が講義されます。これらのすべての講義は録画動画を視聴するe-ラーニングとして提供されます。参加費振込の確認後に視聴サイトに登録し連絡いたします。連絡後、2週間の期間に随時に講義動画を視聴できます。

【基本技術実習コース】 24年早春の1日間に開催予定。
 認知科学など科目の講義・実習が1会場において、グループ形式の対面方式で行われます。実習は上記の講義コース修了者を対象とし、原則として年1回ペースで開催します。

【資格等】
全コース受講のみを受講可能とします。
領収書と「医療安全活動指導員」資格認定証を交付します。

プログラム


       第1コース  講義(録画視聴、各60分)
【基礎知識】
  • 安全心理学とは                篠原 一光  (大阪大学応用認知心理学・教授)
  • 医療安全のための医療倫理           浅井 篤   (東北大大学・医・医療倫理・教授)
  •     ラポール形成を含む。
  • 適切な報告文化                浅井 篤   (東北大大学・医・医療倫理・教授)
  • 医療安全とレジリエンス            小松原 明哲 (早稲田大学理工学術院ヒューマンファクターズ・教授)
  •     Safety1とSafety2の考え方を理解し、レジリエントな医療について学ぶ。
  • 医療安全に必要なインフォームドコンセント   許 俊鋭   (東京都長寿医療センター・センター長)
  • 効果のある教育・カウンセリング        西隈 菜穂子 (近畿大学病院患者支援センター室長)
  • 職業性ストレス診断              中田 光紀  (国際医療福祉大学・医・公衆衛生・教授)
  • リスク行動分析学               酒井 亮二  (医療安全心理・行動学会・理事長)

  • 【チーム医療】
  • 安全確保のチームマネージメント
                             山口 裕幸  (九州大学人間環境学研究院・教授)
  •     組織として医療事故を防止する安全文化はどうあるべきか、また、安全文化を醸成するにはどうすべきかを学ぶ。
  • 権威勾配と心理的に安定な組織構築       鳥谷部 真一 (新潟大学病院医療安全管理部・教授)
  • 医療安全担当者に必要なリーダーシップ     中村 京太  (横浜市立大学医療安全・教授)

  • 【事故時の対応】
  • 医療事故時の必要な情報収集能力        井上 清成  (弁護士、医療安全推進機構・客員教授)
  • 事故後の事実確認のための面接技法       仲 真紀子  (理化学研究所理事/北海道大学名誉教授)
  • 医療安全でのピアサポートと仲間同士の支え合い 平井 理心  (筑波大学病院臨床心理)


  •        第2コース  講義・実習 (会場対面方式)
  • 安全をデザインする …適切な表記・文章 (40分) 平井 理心  (筑波大学病院臨床心理)
  •     機器やモノ、システムのデザイン方法を学ぶ。
  • ヒューマンエラーとしての認知心理 (90分)    下田 宏   (京都大学・工・ヒューマンファクターズ・教授)
  •     ヒューマンエラーについてデモンストレーション的な実習を行う。
  • KYTによる注意力訓練実習 (30分)        三上 久美子 (医療安全推進機構・客員シニアフェロー)
  • 適切なコミュニケーション (90分)        井手口直子  (帝京平成大学薬学部コミュニケーション・教授)
  •     ロールプレイなどによる実習を行う。
  • 多職種やグループでの対話のメソッド (60分)   平井 理心  (筑波大学病院臨床心理)
  • 参加費支払方法


    下記の支払方法があります。

    (1) 銀行支払い
    振込みの控えと氏名・所属機関名をFAXないし郵送ください。確認後、事務局より連絡いたします。
     【銀行口座】
       銀行名:三菱UFJ銀行
       支店名:本郷支店 (351)
       口座番号:普通 0328852
          イッパンシャダンホウジン イリョウアンゼンスイシンキコウ
       口座名義:一般社団法人 医療安全推進機構

    (2) カード支払い(個人参加の場合のみ可能)
    ※PayPalを利用したカード決済方法となります。
    ※医療安全心理・行動学会の会員は会員価格、その他の方は非会員価格をそれぞれご選択ください。
    ※PayPalアカウントをお持ちの方は上方黄色のボタン、その他の方は下方黒色のボタンよりお進みください。
    ※団体参加のカード決済の場合は、上記の団体用の申し込みンクを参照ください。

    医療安全活動指導員研修会 参加費(個人参加)


    Top